パサパサの乾パンがこんなにおいしく?乾パン活用術!

乾パンを家庭でおいしく食べる活用術

なぜ乾パンは非常食として使われるのか

そのまま食べてもあまり味のしない乾パンは、トッピングやリメイクにはもってこいの食材です。 賞味期限が迫った大量の乾パンがある場合にも安心の、家族で頂ける料理のトッピング・リメイク方法を公開しています。普段使いとしても利用出来るのでおすすめです。

お子さんの成長に乾パンを使う

赤ちゃんの離乳食や、歯の生え変わり時期に乾パンなどの歯ごたえのある食材を与えるのも、親御さんとしての重要な役目です。 とは言っても赤ちゃんにそのまま与える訳には行きませんし、お子さんもそのままだと飽きてしまいますのでいくつかの工夫が必要です。

ちょっと変わった乾パンの使い方

料理に使うと言う点では変わりありませんが、あっと驚く様な乾パンの使い道もあります。普通のアレンジには飽きてしまった場合や、面白い使い方をしてみたい方におすすめです。 賞味期限が5年と長いので、定期的に乾パンのアレンジを行い少しずつ消費してきましょう。

乾パンの賢いリメイク・トッピング方法

日本ではここ数年、毎年の様に災害が起き自分の住んでいるエリアで行く何が起きるか分かりません。防災意識も高まり、一家に一つ防災リュックを置く事を勧めているところもあります。そんな防災リュックの中身ですが携帯トイレにランタンなどの光源、救急セットに水、そして非常食を用意するのが一般的です。食事といっても缶詰がほとんどで、パンやクッキー、乾燥野菜といったものがあります。
非常食のベストセラーと言えば乾パンで、賞味期限が最大5年間と長期保存に向いています。日本では米を乾燥させた乾飯は始まりました。そこから乾飯を加工して作る南部煎餅、兵糧丸、蒸し餅など様々な進化を遂げました。明治10年に起きた西南戦争で、初めて乾パンの援助がされた事をきっかけに乾パンは今日まで非常食として愛されてきました。
乾パンの成分は主に炭水化物、ビタミン類、たんぱく質、脂質なのでエネルギー補給としては最適です。10つ辺り10キロカロリーなので、災害時のカロリー計算の時にも役立ちます。食物繊維が配合されているので消化に良いだけでは無く、満腹感があります。
そんな乾パンですが幸いな事に災害も無くそのままにしているとうっかり賞味期限間近というケースもあります。そのまま食べてもパサパサとしておいしいとはいえませんし緊急時でも無いのでそのまま食べ続けるのは難しいです。
ここでは乾パンをよりおいしく食べる為の方法を紹介しています。大量に余った乾パンを捨てず活用出来る方法を公開しています。